COLUMNコラム

更新日:2015.06.29

第29回 「院内処方」か「院外処方」本当はどっちがイイの?

今回は、院内処方と院外処方について紹介します。
患者さんにとって、また、クリニック経営について何がメリットで、何がデメリットのなのか比較しながらお話したいと思います。
今となっては、クリニック開業と同時に医薬分業をなさるケースがほとんどですが、20年前は分業をするほうが少なかったので、分業をした場合、患者さんにとって、「金額が高くなった」や、「わざわざクリニックを出て薬をもらうのは、面倒くさい」など、デメリットを感じられるケースが多かったと思います。
また、クリニック経営に関しても、まだまだ薬価差が大きかった時代ですので、分業することで、経済的にメリットが大きいことにはならなかったと思います。
しかし、現在は開業をお考えの先生から院内処方にしたいといった申し出はほとんどが聞かなくなりました。本当に医薬分業はメリットになっているのでしょうか?
スクリーンショット 0028-07-06 12.14.23
一般的に上記のような内容で評価されると思いますが、その検証が必要だと思います。
弊社は、開業のコンサルだけでなく、調剤薬局も運営しております。
20年の実績とノウハウで、お世話になっているクリニックと共に地域医療に貢献をして参りました。薬剤師も技術や知識だけでなく、接遇研修に力を入れ日々努力しております。患者さんやクリニックのメリットになれるよう研鑽を続けます。ぜひ、コンサルタントから薬局選択までを弊社にお任せ下さい。

医院開業についての
ご相談やお問い合わせなど
お気軽にご連絡ください

お電話でのお問い合わせ

0120-981-295

9:00〜18:30 土日祝のぞく

メールでのお問い合わせ

開業シミュレーション